住宅ローン減税・住宅ローン控除>>住宅ローン減税・住宅ローン控除の基本
  基本   新築・中古   増改築   借換等   共有   転勤   書き方   法令       ご依頼

取得日と居住日

 取得日と居住日
 

取得日と居住日

 住宅ローン減税では、居住日がいつになるかが重要です。例えば、居住日が平成22年なのか平成23年なのかによって最大控除額が500万円と400万円と違いがでてきます。税法上、居住日とは家屋を取得した日ではなく、取得してから居住用として入居した日とされています(措法41条@)。そして、入居時期の判定は、住民票の写しなど提出書類の年月日で、原則として判断されます(措法41条K、措規18条の21I)。また、取得から6ヶ月を超えての入居では、この制度は適用されませんので、その点も気をつけてください。
 
 居住した日  控除期間  住宅ローンの
年末残高の限度額
控除率  各年の最大
控除額 
 最大
控除額
 平成21年  10年間  5,000万円  1.0%  50万円  500万円
 平成22年  10年間  5,000万円  1.0%  50万円  500万円
 平成23年  10年間  4,000万円  1.0%  40万円  400万円
 平成24年  10年間  3,000万円  1.0%  30万円  300万円
 平成25年  10年間  2,000万円  1.0%  20万円  200万円
 

 
 取得した日  居住した日  住宅ローン減税適用年
 平成22年4月5日  平成22年6月10日  平成22年
 平成22年4月5日  平成22年12月15日  適用なし
 平成22年11月5日  平成23年1月15日  平成23年